半月板損傷の痛みは手術しなくても改善します。

膝の痛みは、半月板が原因ではありません!!

半月板損傷の手術せずに保存療法で。

はじめまして、
ひざ関節痛専門の整体師 稲村と申します。
膝を専門に診ている私のところへ
「半月板損傷は、手術以外に治す方法はないでしょうか?」
というご相談を毎日いただきます。


手術は最後の手段です。
手術をする場合、

・体にメスを入れる
・費用(10万程度)
・手術後の長いリハビリ期間

上記の3点のリスクがあります。
これで100%痛みがとれるなら、それもよいと思いますが、
現実的には、
痛みが取れなかったり、
取れても時間がたつと痛みが出てくるケースは多いと言われています。


半月板損傷と診断された場合、
手術以外にもっとリスクの少ない治療方法はないのでしょうか?
また、手術をしたけど痛みがとれない場合、
何か方法はないのでしょうか?
まずは、半月板損傷の仕組みからみていくことにしましょう。


半月板損傷は手術なしで保存療法で改善

半月板は痛みを発しない。



半月板とは、膝のクッションのような役割をする、
コラーゲンと線維軟骨からなる軟骨の一種です。
歩いたり、飛び跳ねたりするときに、ショックを吸収し、
膝を円滑に動けるようにする役割をになっています。


半月板損傷の手術やリハビリについて


もともと体重をかけると伸び縮みするぐらいの柔らかいものなので、
身体が緊張した状態で、
ひねるような運動をすると、傷が入ったり、
割れてしまったりすることがよくあります。
これを半月板損傷といいます。


しかし、半月板という軟骨で出来たクッションには、
髪の毛や爪などと同様に
もともと知覚神経や血管がほとんどありません

神経が無いので、半月板を損傷しても、痛みは感じないはずなのです。
つまり、痛むのは、半月板そのものではないということです。
では、何が痛むのでしょうか。


半月板損傷は手術やリハビリをしなくても大丈夫

ある統計では、膝に痛みのない60歳以上の方をMRIなどで調べると
41.7%に半月板の断裂が確認されたそうです。



つまり、断裂しているのに痛みを感じない人が半数近くいた
ということになります。


あなたの膝の痛みは、本当は半月板が原因ではないのかもしれません。
そして、手術せずに、
この痛みを取り去る方法はないか一緒に考えていきましょう


半月板損傷の本当の原因とは



a:36539 t:6 y:44