治るということ。

半月板損傷のリハビリと治療法


よく、根本治療という言葉を耳にします。
クライアントさんからも、
「一回よくなったら二度と痛まないのでしょうか?」
とも訊かれます。

この仕事をして15年以上たちましたが、

結果として根本治療や、
二度と痛みがでないというようなことは
あり得ないと考えています。

もちろん、結果として
一生痛みがでないことはよくあります。
しかし、その状態で固定化することはできません。

足や腰が痛くなって、一旦はよくなっても、
また痛む可能性をゼロにすることはできません。

なぜなら、
人間の健康は、
このような流動性によって確保されてるから
なんです。

もし、
痛みがない状態で固定化してしまうとしたら、
おそらく取り返しがつかないぐらい
体には悪い影響があります。

人間の体は川の流れに似て、流動しています。

この流動性こそが、
人間が長く健康でいられる理由なんです。

当院の施術は、
この流れを取り戻すための施術になります。

自然治癒力が働きやすい。
痛みが出る前の”よい流れ”の状態に戻すことは可能です。

しかし、
そこから、よい状態を維持できるか、
それは、クライアントさんの
生活習慣や環境によって変わってくるんです。

そして、
その変わることができるという
流動性が、健康ということだと思います。