クラシックバレエは体に悪いのか その②

バレエとひざの痛み


単純に、バレエをされてる方の痛みは、
簡単に取れないケースが多い。


それは、引き上げや、
足首を背屈した状態で踊るなど、
通常の動きでは見られない特殊な動作で痛めているから。


だから、治りにくい。
自然と、バレエは体に悪いということになっているのだと思います。


しかし、
実際には、治療家にきちんとした技術と知識があれば、
どのような動きをしている人の体の痛みも、
問題なくとることができます。


バレエが体に悪いという考え方の中には、
治療する側の知識や技術不足が本質的にあると考えています。