動かしたほうがよいのか、安静がよいのか。

半月板損傷の手術とリハビリ


「膝が痛くなったとき、どうしたらいいんですか?」


とよくきかれます。
私の場合は、


・患部を刺激しないこと
・しっかり入浴することと、
・冷たいものを飲まないようにすること、
・安静にすること


以上の4点を気を付けてもらいます。


しかし、病院などでは、
運動して治すという方向性のところが多いようです。
動いて治すとはどういうことなのか。


動くと筋肉の緊張バランスがかわります。
バランスが変わると、
緊張が分散するので脳が錯覚をおこし、
痛みがとれることがあるので、
この現象を利用したものです。


動いたり、筋トレして痛みがとれるのは、
あくまで、緊張の分散によるもの。
根本的な原因はとれていないので、
再発しやすいです。


また、状態によっては
痛い部分を動かすことで悪化する可能性もあります


悪化、慢性化でこじらせることが多いので、
私は安静をお勧めしています。


「何かをしたから治ったのではなく、
何もしないから治る」


これが本当だと思います。


大切なことは、
痛いときに、焦って対処しないということ。
なにもせずに、数日は様子をみてみましょう。