半月板損傷と立ち仕事。

半月板損傷の手術とリハビリ


奈良県からご来院のKさん。
50代、女性。
普段はキャディーの仕事をされています。


去年の夏ごろから仕事中に右ヒザに痛みを感じ始め、
だんだんひどくなってきたので病院にいくと半月板損傷と診断。


病院でのリハビリを週に4回。
3か月ほどするが改善がなく。


仕事中、右ひざだけでなく、
右脚全体、左ひざまで痛くなってきたので
お仕事仲間の方のご紹介で来院されました。


来院時は、


1、右脚全体の腫れたような違和感
2、右ひざの内側の痛み
3、左ひざの違和感
4、頭痛


4つの自覚症状があります。
問診のあと、施術を展開していきます。


・肩甲骨
・ストレス系の内臓緊張
・冷え系の内臓緊張
・右股関節
・右仙腸関節


これら層をなしている緊張を足の一点から解除していきます。
初回の施術で、


・右脚全体の違和感は10-1
・右ひざの痛みは、歩行は10-0
屈伸でやや残る程度
・頭痛も10-0
・左ひざの痛みも10-0


2回目
一週間後


「右ひざの曲げた時の痛み以外は
おかげさまでもうほとんど気にならないです」

「朝起きた時に右ひざが痛いのと、
あとは階段の上り下りがまだ痛いです」


前回同様の施術で、今回は
屈伸の痛みが10-0まで改善


3回目、
10日後


「歩いてる痛みがなくなってきたんで、仕事に復帰しました。
前はフルでしたけど、今は週3です」


「仕事中はいいんですけど、仕事終わるとちょっとジーンとします」
「階段もほぼ大丈夫になりました。ありがとうございます!」


全身を覆ってる緊張が反応。
隠れてた緊張が表面にでてきたようです。


肩甲骨周囲の可動障害
内臓系のストレス反応が多数。


これらを解除して、
ベッドの上で正座していただいて確認。


「あ!ほとんど感じないです。ちょっと違和感ぐらい」


再度肩甲骨周囲の反応をとって、正座で確認。


「大丈夫になりました!すごい」
「もう一生正座できんと思っていました」

これでほぼ大丈夫だと思います。
3回で正座ができるまで回復しました。


お仕事にフルに復帰されるそうなので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。


初診時は、
お仕事も休職されて悲壮な感じで脚を引きずっておられたので、
復帰できてよかったです。